Bootstrap4対応待ち

当社のサイトはBootstrap3ベースで動いているのですが、開発元がBootstrap4対応の変更作業中で、もう間も無く対応完了らしいです。

Bootstrapとは?

レスポンシブWebデザインも簡単にできる、CSSフレームワークなんだそうです。
私はCSSをゼロから作るほど勉強してないので、基本CSSはたたき台は購入したいし、それを多少自分用に変更する程度です。

なので、Bootstrapベースである必要性はないのですが、たまたま気に入ったテンプレート会社Bootstrap3を採用していたと言う訳です。

Bootstrap4対応も一週間以内か?

でも、そろそろBootstrap3古くないですか?と感じ始めていたらタイミング良く当社が利用中のテンプレートもBootstrap4対応版に切り替えになるらしい。

テンプレート開発元の会社は頑張ってBootstrap3から4に切り替えた場合の影響範囲の特定、対策、検証の真っ最中のようです。

単に3から4にベースを変えるだけなら、そこまで大変ではないのかもしれませんが、既存ユーザーの中でもカスタマイズしているユーザーさんが多いと、その人たちが予想外のエラーで困らないようにする為の作り込みで苦労されているようです。

私はと言えば、大きなカスタマイズしてないので、そんな気使いは不要なので早々にリリースしてほしいのですが。

そもそもフルカスタマイズしているパワーユーザーなら、自分で対処すれば良いんじゃないの?って思ったりしますので、テンプレート会社さんはデフォルト設定を前提に動いて頂いても良いのになあ。

と部外者的に考えたりしてます。

でも、きっと、そう割り切っても、大変な事になったユーザーが多発して、改版後にパニクったユーザーのサポートをするくらいなら、最初から苦労しても事故防止に専念した方が良いんでしょうね。

緊急便の仕事もその点では同じ

ももちゃん便の緊急チャーター便も、想定外みたいな事は全部無視して、基本的なところだけサポートしていたら楽なんですが、過去の経験から苦労しそうな事は先々を想定して、コストと手間をかけて事前に準備を仕込んでいたりしてます。

そうして順調に進んでいると、なんとなく無駄経費と無駄時間だったように思う時もありますが、忘れた頃に想定外の問題が出るので、再び、初心に帰って、トラブル防止に手間暇惜しまなくなります。

実際、トラブルになってからリカバリーするのと、日頃から少し手間とコストかけているので比較したら、どっちが良いかと言えば、トラブルは防止するのが楽ですし、精神的にも良いです。

どんな業界も似たような苦労しているんだなあと。

今回のテンプレート会社の社長さんのブログ見て思ったりしてます。

長い目で見て

Bootstrap4対応しても、また次回があるし、それに応じて自分でも多少は修正が必要になるので、長い目で見るとBootstrapを採用してないテンプレートにしようか?

ちょっと考えてしまった対応待ちの期間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です