宅配業務が継続になる

開業から1ヶ月間の宅配実習を終了して、少しだけ宅配にも慣れて来ました。

2ヶ月目は自由になるかと思ったら、そのまま、その実習エリアの宅配担当になってしまいました。

これは困ったぞ、自営でやるには毎日の宅配業務は足かせでした。

しかし、自営でと言っても何も仕事のあては無く、組合の仕事を蹴っても何も仕事がないかもしれないと言う不安と、組合の方針に逆らって、宅配以外ももらえないんでは怖いなあと。そのまま宅配業務を請け負うことになりました。

2ヶ月目で余裕

エンジニアバカの私でしたが、2ヶ月目になると、しかも妻の助けもあっての宅配ですから少しだけ余裕が出て来ました。

毎日が幸せでした。

何が幸せだったのか?リストにしますね。

  • 赤帽車の中でAMラジオが聞ける
    サラリーマン時代は始発電車で出社して、最終電車で帰宅する。そんな東京の企業戦士でした。ラジオなんて全く聞いてない生活だったので、昼間っからラジオが聞ける平和な仕事が楽しかった。
  • 妻と一緒
    上記のように早朝から深夜まで一人で働いていたサラリーマン時代、休日もほとんど仕事だったので、赤帽になってから毎日狭い車内で妻と過ごすだけで幸せでした。
  • 途中のケーキ屋さん
    実は宅配の担当エリアに仙台市泉区将監の有名なケーキ屋さんのフレーズがありました。
    午前中に毎日通るし、配達も結構あるんですね。そして、毎日ケーキを買いました。
    妻と二人でケーキを買って食べる。10時のおやつ気分でした。
    最高の日々でした。
    でも、後になって、ハンドルに腹が引っかかるほど太った原因となりました(笑)。
  • 外食の楽しみ
    • 朝5時から仕事だったので、朝食は国道四号線にあった飯の半田屋さん。
    • 昼食は配達エリアにあった仙台市泉区のカレーの店みにまむ。
    • 夜は21時頃まで配達だったので途中で肉饅くらいは食べてました。