軽トラパワーゲートを超える安心感

スロープ付き車両が自慢

軽運送で超音波診断装置(エコー)を輸送する場合、軽トラ(パワーゲート)幌車が普通です。

実は当社も赤帽時代はパワーゲート軽トラックで対応してましたが、現在は独自のスロープ付きワゴン車で対応しております。(この専用ワゴン車は、正式に車検取得している構造変更済みの営業車です。)

このスロープ車を使うメリットは走行中の精密機械への安心感アップです。
安心感とは具体的に言えば、大雨、台風、春の黄砂、強風、吹雪のような悪天候下でも「荷台が影響を受けない」点です。

当社従来の幌の軽トラ頃は、悪天候で高速走行中は荷台の風雨の侵入など対して若干の不安を感じました。

もちろん、私も幌(テントみたいな構造)の防水性能を強化すべく幌布を二重化したり、幌の縫い目に追加コーキングを施したり、超音波装置には上からビニールをかぶせるなど、幌構造の不安点を補う努力をしてました。

それでも、そもそも幌トラックの構造として密閉性が無い事は変わらないので、高速走行中は埃や湿気を帯びた空気が荷室を通過するのは避けられないので、元エンジニアだった私の性格としては気になってました。

それを抜本的に改善したのが、現在のスロープ付きのワゴン車なのです。

私は軽トラック+パワーゲート方式を否定するのでは無く、私の好みとしてはトラックよりワゴン車がベターと考えております。

運べる超音波装置サイズ

写真の荷台の寸法をご覧頂けますと分かりますが、トラックと違って荷台は真四角では無いので範囲を持たせて記載しました。

また、荷室の天井と床の凹凸、格納装置の最大となる高さのピーク位置の組合せ次第では、ここに記載の高さの荷物でも保証し切れない事もあります。

赤帽時代の軽パワーゲートを超える安心感

スロープと超低床構造ワゴンの安心

小さな荷台の安心感

  • 最近の超音波装置は筐体が壊れ易くラッシングベルトでの強い締上げは不可能ですが、この専用ワゴン車なら超音波装置一台のピッタリ空間なので周囲に専用パッドを入れる事でエコーに負担をかけ無い固定が可能です。
  • 当社の専用車両は常用ワゴンベースの軽自動車随一の素晴らしいサスペンションで、軽貨物トラックと異なり超音波装置に与える振動や横揺れが少なくなります。
  • 荷台までエアコンが作用するので雨天、寒い真冬でも超音波装置が結露することがありません。

企業のチャーター配送を24時間受付090-4312-7844急ぎは24時間受付、それ以外は7:00〜17:00

メールフォーム電話連絡と併用ください