脱サラ希望者さん

赤帽ってどうでした?
やめてどうでした?
と聞かれることがあるので、今では懐かしい思い出となっている赤帽時代の事を書いてます。
どなたか脱サラ組の参考になれば幸いです。
ただし1997年当時の昔のことですので、その程度の気持ちで読んでくださいね。

ももちゃん便

赤帽ってどうでした?やめてどうでした?と聞かれることがあるので、改めて赤帽時代の事を思い出して書いてます。
どなたかの参考になれば幸いです。ただし1997年当時の昔のことですので。

(1)所属欲求を満たせる

補足事項:株式会社ももちゃん便は、現在は赤帽組合所属ではありませんが、創業当時の思い出話として読んでください。

1997年当時の思い出話し(1)脱サラ開業だったから組織に所属することに慣れていた

私は、現在の軽運送業の世界に飛び込む以前は、別記事にも書いた通り東京の沖電気工業株式会社で正社員としてソフトウエア開発に従事しておりました。

そこから全くの畑違いの軽運送業に、しかも大企業の安定したサラリーマンと言う立場を捨てて個人事業に転身でした。

ももちゃん便

つまり、大企業と言う後ろ盾を一瞬にして失う恐怖に恐れを抱いておりました。

赤帽時代にテレビ取材中に撮影された写真
赤帽時代にテレビ取材中に撮影された写真

脱サラして赤帽開業する時の恐怖は三種類

1、組織から抜ける不安

2、安定した賃金を失う恐怖

3、エンジニアから運転手に畑違いの不安

ももちゃん便

今回は、1「組織から抜ける不安」についてお話しします。

1、組織を抜ける不安とは

全く当然の事を書きますが

寄らば大樹の陰

一流企業と言う安定した立派な組織に長年所属していると、「寄らば大樹の陰」と言う考え方が染み付いてます。

その慣れ親しんだ大樹の枝の庇護から抜け出して、防護壁の無い一匹狼になる。

所属組織から切り離される、この恐怖は、実は生まれて初めて経験する大きな不安でした。

  • 子供時代は家庭に所属
  • 学生時代は学校や部活に所属
  • 社会人になってからは大企業の所属

つまり、私は、過去の人生では、常に組織に所属しており、自分の居場所、守られる場所を確保されてました。

個人事業主は全てを失う

  • 独立した個人事業主になると言う事は、自分が所属する場所が無くなってしまう恐怖。
  • 誰も守ってくれない不安。
  • 誰かの言う事を聞けば良いと言う気軽な事は言えない恐怖。
  • 自分で全て決めなければダメになる恐怖。
  • 家族との絆は残りますが、両親、親戚、友人、全てが反対するのが大企業のサラリーマンから個人事業主への転身ですので、その反対を押し切って進むと言うことは、ある意味、背水の陣なので、お察しください。

長年のサラリーマンには個人事業になるのはハードルが高い

そこで、私が考えたのは、とりあえず、どこかの軽貨物組織に入ろう!でした。

そもそも、組織云々以前に、軽貨物の知識経験がゼロだから、教えてくれる組織が必要でした。

そんな中で、軽貨物組織の中では、当時(1997年)もっとも大規模で全国的に名前が知られていて、知名度の点だけで言えば、沖電気工業株式会社なみでした(笑)。

大企業から一気に一匹狼になる勇気のない私には全国区であった赤帽組合は寄らば大樹の陰的な組織に見えました。

赤帽仙台中央センターに所属して

そんな経緯で、私は沖電気退職のあとは、赤帽仙台中央センターに所属する赤帽組合員になりました。
(既に独立した株式会社ももちゃん便なので今現在は赤帽ではありません)

実際どうだった?

寄らば大樹の陰として、心の平安は訪れました。

特に、当時の赤帽仙台中央センターは、高齢者行事もいくつかあって、長年働いていた赤帽さんの中でも高齢な人たちが赤帽組合所有のマイクロバス(今は無い?)で、年一回の慰安旅行があったりして、ほのぼのとした世界でした。

効率重視の企業戦士として大都会東京で戦って来た私には、まるで別世界で、こんな生き方もあるんだなあと。感動しました。

生ぬるいと言えばそうでしたが、とても暖かい組織として私は好印象を受けました。

そして、実際に、赤帽と言えば仙台では知名度が抜群で、軽トラックの人は全員が赤帽さんと企業から呼ばれるほど、軽運送業者の代名詞として定着してました。

それは今でも同様で、私が株式会社ももちゃん便となってから新規で契約させて頂いた企業様でも、しばしば、赤帽さんと呼ばれることもあるのですが、それは私の事を赤帽組合員と見ているのではなく、軽運送屋さん、チャーター屋さんの意味で赤帽と言ってしまうことは承知してます。

注意深い担当者様は、私のことを桃井さんと呼ぶようですが、たまたま、荷物を出荷担当された見知らぬ社員様は赤帽さんと言うことがあるようです。

話がそれましたが、所属組織としての赤帽組合は、悪くなく感じました。知名度、組織の規模、フランチャイズによる教育、全てに満足でした。

ただ、誤算としては、全国的に知名度抜群な赤帽組合という組織であり、人数でも知名度でも大企業の沖電気工業並だったはずが、社会の扱いとしては、沖電気の社員と赤帽組合に所属しつつも個人事業主では雲泥の差でした。

異業種交流の場で、名刺交換すると途端に相手の態度が急変して、私に対する興味を失ってしまう。

久しぶりに会う同級生は、気の毒がったり、大変だろうと心配してくれたりする。

知名度は沖電気と同等でも、私が赤帽だと知った瞬間の相手の反応は、私が沖電気の名刺を出すときとは全く別でした。

所属組織の企業イメージが、そのまま私個人の評価になっていた事を痛感した開業初年度でした。

沖電気を辞めた途端に、私個人の社会人としての信用は無くなった瞬間で、その代わりに赤帽組合という組織に入っても、社会的信用と言う点では、個人事業主としてゼロスタート、またはマイナススタートの印象でした。

所属の安心感はある

ただ、同級生や初対面の人の赤帽への対応は、ともかくとして、それでも規模のある組織に所属することで、多くの先輩や職員さんとの付き合いが生じて、精神的に救われたのは間違いありません。

お互いに個人事業同士だから、完全に独立なので、生活の面倒を見る義務は全く無いので、ビジネス、お金の面では頼れる関係では無いのですが、同じ組織の仲間としての連帯感はありましたから。

だから、これから脱サラして軽運送にと思う場合には、会社という組織を失う不安を多少和らげるには赤帽組合は悪いくない選択肢だと思われます。ただ、私は1997年当時の赤帽しか知らないので、今どうなのか?そこはご自身で赤帽加入説明会などでご確認くださいね。