近年、テレビ報道などで運送業者の失態が目立ってますが、荷物を放り投げる、荷物を踏む、日本の出来事と思えない問題です。

私は、上記のような不祥事を起こす運送業界の雰囲気が大嫌いです。

運送業界 = 非常識で荒くれ者が多い的な悪いイメージが払拭される事を願います。

もちろん、本人だけが悪い訳で無く、運賃をケチる荷主、ドライバーを酷使する会社があのような粗暴なドライバーを生み出す訳ですが。

当社は運送業界にありがちな粗暴な部分とは無縁で、単なる運送会社では無い、小さい会社の利便性として特殊な唯一無二の「ももちゃん便」でありたいと思ってます。

他社 混載方式の問題

  1. 宅配便など大型トラックで大量の荷物を混載する輸送方式は安価に運ぶメリットがあるのですが、集荷から配達までの途中で対応する車も人も何度か入れ替わるので、最終的に破損が発見されても責任の所在が不明確になる可能性があります。
  2. 壊れてた場合、集荷ドライバーか?中継センターか?長距離路線便か?配達ドライバーか?責任所在が不明です。
  3. 工程毎にチェックをすれば良いのですが、大量物を全数チェック出来ないし、目立った外傷がないと発見も困難です。
  4. 私も大手の下請けをした時代もあり、コンテナから受け取った梱包済み荷物が、届け先で開梱時に破損判明して責任問題で困った経験あり。(現在ももちゃん便は、運送会社からの下請け契約無し。)

当社の貸切便メリット

  1. チャーター貸切便は荷物1つだけをダイレクトに運ぶので、最初から終わりまで担当者が変わらぬ安心感。
  2. 貸切直行便なら責任が明確なので、いい加減な扱いはあり得ません。
  3. そもそも当社は信頼出来るドライバーさんだけ契約しております。

トラブル対策

当社は自社内はもちろん、同業他社で知り得たチャーター業界のトラブル事例は、契約ドライバー全員に水平展開してます。

トラブルは情報共有する事から再発防止の努力を惜しみません。

貨物保険完備

当社の自社車両は1000万円の貨物保険が設定されておりますし、契約ドライバー保有車両も貨物保険の加入を義務としております。

(ただし、手配の場合は300万円〜1000万円の範囲でバラツキがあります)