貨物保険は全車完備

一般的な軽運送業者の貨物保険は300万円程度に対して、当社は基本的な貨物保険は1000万円の車輌が中心です。
1000万円なら高額精密機械の輸送にもある程度はご安心頂けるレベルだと思います。

ご注意点

ただし一部契約ドライバーさんによっては300万円となりますので、保険が300万円では困る場合は、その旨をお伝えください。そのお申し出が無い場合は300万円の保険設定で大丈夫と見なして配車させて頂きますので、タイミングによっては300万円保険の車輌での対応となります。

当社の賠償範囲

何か事故があった場合に当社で賠償出来る範囲は、貨物保険として保険会社から支払われる範囲とさせて頂きます。
(出来ないことを明確にする事も信用第一の一環だと考えております)

貨物保険の範囲とは

賠償可能なのは保険会社から支払って頂ける範囲ですので、保険対象外となる部分までの責任は負えません事は正直に申し上げます。
保険対象外となりそうな具体例の一つは、荷物が破損した事によって、連鎖的に製造遅延が出て、その遅延によって出荷停止など二次的損害が出ても保険対象外になってしまうそうです。
また、破損した物が希少な物であっても、希少価値を勘定に入れられるとは限らないそうです。

賠償範囲を明確化してビジネスチャンスを逃す

賠償範囲が保険の範囲までになります。

と馬鹿正直に言う事で、私は、しばしば大口契約を逃しております。それでも懲りずに今でも無責任な契約締結はしてません。

天災すら全責任負える?の疑問

競合他社さんは「荷物を壊した場合、どんな賠償にも応じます」「震災などに荷物破損でも全責任を負います」そんな契約内容でも平気で契約調印するケースが普通にあるそうです。

当社は無責任な契約調印は出来ないので、その段階で取引業者として落選ですが、しかし、その他社さんの賠償能力は本当に本当なのでしょうか?

震災で何かあっても全額保証出来るのでしょうか?
仕方ない遅延などでも責任を負えるのでしょうか?

仕事が欲しい一心で、契約書は単なる形式的な物だと調印してしまう業者では無いでしょうか?
あるいは、実際の自分の賠償能力など考えず、万一の事など無いと言う考え方では無いでしょうか?

何の為の契約書

私は自社の身の丈に合わない、無謀な賠償責任のまま契約を取るつもりはありません。
そもそも出来ない内容で調印すれば契約書の意味が無いです(笑)。

無保険の運送屋すら存在

運送会社(運送店含む)の中には、貨物保険未加入の業者もいると聞き及んでます。
実際に保険証券の有無を観たわけでは無いのですが事実らしいです。

その理由は貨物保険が高い

小さい会社に保険料負担が厳しいのは当然ですが、大きな会社になっても車の台数が多い分だけ負担が増えますし、あるいは売り上げ比例で保険料が変わる方式でも同様に大手ほど高くなります。

つまり事業規模の大小問わず保険料が高いのが貨物保険です。

貨物保険の保険料は、自社が有料ドライバーばかりで、無事故で貨物保険を一度も使った事が無くても、保険料の割引はありません。荷物を壊そうが壊すまいが、前年度売上、または車輌台数で一律に保険料が課せられます。

これは物を壊す業者が得で、真面目な業者は巻き添えです。

他社が貨物保険を多く使った為に翌年から連座制で保険料がアップしたりします。

この不公平感のある保険システムでは、保険料を払いたくない会社の気持ちも理解出来なくもないです。

でも当社は1997年開業当時から現在まで20年以上、貨物保険は欠かさず継続して加入しております。