当社は緊急輸送の専門業者として誇りを持って対応させて頂いており、自社都合による延着は過去発生しておりませんが、長距離輸送では途中で様々な障害が発生しますので、目標時間に到着できない可能性もございます。

その点について、常識的な話ですが下記ご一読頂ければ幸いです。

安全第一

当社は通常の道路状況ならば、無理せず間に合う内容でのみ受注しておりますが、それでも間に合わない場合もございます。

想定外の渋滞、速度規制、遅い車、お祭り、花火、通勤ラッシュ、事故渋滞、通行止め、悪天候、交通取締、パンク、などによって目標到着時刻に遅れてしまう場合もございますが、ドライバーに無謀な急ぎ方をさせる事は安全管理上できないのでご了承ください。

上記の類を全て想定内にすれば良いとの厳しいご意見もございましたが、それですと大げさな時間マージンを取ることになりますので、人件費、拘束時間が甚大になり、運賃が数倍必要となりますので、あくまで常識的な判断として間に合う範囲で時間計算して対応可能と判断したチャーターを受注させて頂いております。

何らかの事情で延着しそうな場合は、ご依頼主様へ途中経過として連絡させて頂きます。

その際、ドライバーが安全運転、法律遵守の範囲内でしか急げない事はご理解お願いします。

事故防止

時間厳守を絶対としてはドライバーに無謀運転を行わせる圧力となります。それは事故原因となりますので集荷時にプレッシャーを与えないようご協力ください。

無謀運転で事故になれば、お客様の急ぎのお荷物にも損害が出てしまいますので本末転倒です。その点からも安全を優先させて頂くことはご理解ください。

前日入り対応

何があっても間に合うレベルで対応するには、前日から現地入りする事となりますので、宿泊費など、別途料金計算の上で対応させて頂く場合がございます。

一例として

通常、仙台から埼玉や東京へのチャーター便は5時間程度ですが、絶対間に合う設定をするならば、ひどい渋滞を考慮して10時間は必要です。

午前中早い時間に納品ご希望なら前日入り宿泊が必要となる場合がございます。

ここまでの時間的マージンを取るならば料金も相応に必要、宿泊費も加算となりますので、それでも必着をご希望の場合はご相談ください。

しかし、それでは荷主様にも大変な負担なので、常識的な時間計算で受注して、想定外の出来事での延着はご了承頂く方が落とし所として宜しいかと考えております。