赤帽時代からターボエンジンに拘って来ました