創業から法人化までの道のり

年度 項目 ご説明
1997 脱サラ 東京の沖電気工業株式会社を退社して土地勘のある宮城県仙台市にUターンして軽運送業で夫婦で助け合い生きる道を模索する。
1997 赤帽開業 エンジニアからの転職で運送業のノウハウが無い事から創業時は赤帽フランチャイズ加盟で赤帽組合員としてのスタートでした。 赤帽宮城中央センターに所属し「赤帽ももちゃん便」と言う屋号を取得し、現在の(株)ももちゃん便の原型となる運送店を設立。
2004 グループ化 業務規模拡大に伴い個人では対応しきれなくなり「赤帽ももちゃん便グループ」と言う名称でグループ活動開始。 毎日、早朝、午前、午後と多くの稼働台数が必要となる。この時期は安定する定期業務の受注拡大を進めていた時期。
2007 赤帽広告塔 このころもまだ赤帽だった時期で赤帽組合員として、時代の最先端のインターネットを活用する点で話題となっておりました。 商談、ドライバーへの作業指示、請求明細のPDFメール提出までトータルで電子化する赤帽は当時まだ東北では例が無いと言うことで、テレビの密着取材(東北放送仙台放送)やTBCラジオ生放送、全国雑誌への特集などメディアに人気の赤帽ももちゃん便として有名にさせて頂きました。 その経緯で当時の全国赤帽組合連合会の副会長(森氏)とも懇意にさせて頂き、赤帽組合の入会案内パンフレットでも紹介されるなどモデルケースとして赤帽の広告塔的存在になった時期でした。
2009 法人化 「赤帽ももちゃん便」としてグループ化しての営業は既に実質的に株式会社的な運営形態でしたが、この年から正式に「株式会社ももちゃん便」として法人化する。
2009 パワーゲート(リフター)事業強化 超音波診断装置チャーター事業を強化する為、軽運送業界で希少価値なパワーゲート付き軽トラック(ホロ)2台を増車する。
2011 東日本大地震 東日本大震災3.11がありましたが、当社は幸い沿岸部では無く、建物、車輛の被害を逃れました。 また当日手配した契約ドライバー達も沿岸部への配送は午前のみで震災発生した午後には全ドライバーが内陸に戻っており当社契約ドライバー全員が無事に生き残りました。 娘婿は、震災発生時に沿岸部でレッカー車による仕事中だったそうですが、その車を乗り捨てなんとか無事に命が助かり、その時に避難した高い建物の屋上で一夜を過ごしたそうです。 嫁いでアパート暮らしの長女との連絡が震災翌日まで途絶え大変不安でしたが、複数避難所を探し回り、仙台市内の避難所にいたのを発見。婿殿の避難している嫁ぎ先の東松島市への移動は道路も鉄道も寸断され無理だったのでとりあえず仙台市泉区の我が家に連れ帰りました。 当面は道路も電車も寸断されて連れて行けない状態でしたから久しぶりに親子4人の生活に戻りました。

ちなみに私自身は3.11震災発生時刻は秋田市内で精密機械チャーター輸送途中でした。 秋田は震度5でしたが、秋田全域が停電してそのまま夜間になっても回復せず。 車は既にガソリンが無いのに、震災直後からスタンドは閉鎖されており、災害時営業スタンドの看板を頼りに長時間並んでいても「緊急車両のみ給油対象」と言うことでガソリンを買うことが不可能でした。 しかし、親切な警官の手助けで帰りのガソリンをゲット出来て被災した凸凹道と真っ暗で照明も信号も無い道路を注意しながら仙台まで戻りました。

そのあと、救援物資輸送業務でマスコミも入らない沿岸部の現状を見て人生観が変わりました。

2012 赤帽卒業 赤帽組合とのフランチャイズ終了。 純粋に株式会社ももちゃん便として新スタート! こうしてみると昨年の震災以降に大きな変化がありました。
2012 初ターボ導入 赤帽組合員では無くなったことで赤帽専用車を利用するという限定が解除された事で、思い切って高性能車両の導入に踏み切りました。 インタークーラー・ターボ・エンジン搭載のスズキのエブリーJOINターボ4WD。
2014 ターボ増車 2014年時点で軽貨物で最高性能と思われるダイハツのハイゼットクルーズカーゴ・ターボのOEM版、スバル富士重工業のサンバー・VCターボ 4WD 5MTを導入。
2014 パワーゲート改善 これまで力を入れて来た「パワーゲート車」の欠点を改善すべく新型車両の導入。 ホンダN-Boxの福祉車両ベースに床を更に低床化するなどの構造変更。
2015 イメージガール 娘がプロの俳優の道を歩み始めた事から当社HPイメージガールとして、劇団ひまわり所属の俳優 桃井絵理香を採用してHP登場。

会社情報

企業チャーター専用090-4312-7844急ぎは24H対応

お問合せフォーム