VCターボとN-Boxターボ

車両の質/スペック/メンテ自慢

高速道路の巡航性能でポテンシャルが高いサンバーVCターボ、N-Boxカスタムターボもございます。

軽貨物チャーターには、ターボエンジンが理想的です。

チャーターに使うクルマは、自社保有と契約ドライバー車両共、チャーターに最適なバン軽貨物車両がメインです。

バンがトラックより優れる点は、悪天候でも荷物への漏水や風雨吹き込みの懸念が無い事と横風に対してトラックよりも安定感がある事など。

車両メンテナンス

車の質は、日常のメンテナンスも大切です。
自社保有車両に関しては車検、定期点検など全て正規ディーラーで実施する事でホームドクターとして車の全てを総合的に把握頂いてます。

勿論、信頼性が高い純正オイルや純正部品を利用。
契約ドライバーの車も契約前に車両状況をチェックさせて頂き、当社品質に合わない車両では委託契約致しません。
また、契約後も当社経験から距離消耗部品が予測可能なので、契約ドライバーへ適切なメンテナンスのアドバイスも実施して業務走行中の車両故障防止に努めます。

ホイールアライメント調整

距離を走るチャーター便業者の車はホイールアライメントも狂いがちです。このような専用マシンで計測と調整を時々実施してます。

超音波チャーター車両荷台イメージ

ホロトラックだと心配な私の自慢の選択です

元エンジニアの私の場合にホロ車(軽トラ)パワーゲートでは不安だった理由

チェックアイコンゲリラ豪雨の幌縫い目の漏水。

チェックアイコン構造による隙間、風雨巻き込み。

チェックアイコン寒冷地で電子機器の結露。

チェックアイコン停車中の盗難。

天候不安なし超音波装置輸送のために「↓これ↓」を作りました。

 

N-Box
構造変更N-Box荷台寸法

元エンジニアの私は、パワーゲート軽トラでの精密機械チャーターは、ゲリラ豪雨、酷寒の北国走行などで、幌の漏水や結露が心配になる走行でした。
荷室のホロが不安ならアルミコンテナ付きのゲート車にすれば良いのですが、軽貨物車にはその設定は無く、だからとアルミコンテナの2tを使えば違法行為となります。

そこで当社だけの唯一無二と思われる特殊車両が誕生しました。

軽ワゴン介護車をベースに更に低床に構造変更した超音波チャーター専用車。
アルミスロープが接続されているので緩やかな勾配でキャスター付き超音波装置の昇降が可能でパワーゲートトラックの代用となり、悪天候の高速道路でも漏水や結露の不安がなく輸送可能となりました。

通常チャーター車両荷台寸法

大きな荷台寸法を誇るバンタイプの荷室です。
vc_size

 

企業チャーター専用090-4312-7844急ぎは24H対応

お問合せフォーム