小さな会社ですから経営方針と言うほどではございませんが、HPメニューとして他に短く書ける単語がこれしか思い浮かばないのでご了承ください。

ももちゃん便の輸送品質として考えている事のご紹介です。

使命感がドライバーの燃料

チャーター業務は使命感を持って走る意識の高さが正確で速い配送を可能とします。

高い意識で運びます

チャーター業者の大事な意識は、その荷物が届いた先の効果を考える事だと考えております。

例 : 医療機械の故障部品を特配する場面

  1. 部品が到着する病院ではメーカーのサービスマンが待機して首を長くして待ってます。
  2. 故に最初の効果は修理担当がホッとする事が出来ます。
  3. その装置が治れば病院は検査再開で技師さんやお医者様が喜びます。
  4. そして検査が出来れば命が助かる患者さんがいるかも?
  5. 患者さんが助かったらご家族が喜びます。

ただ、運ぶように見えるチャーター業務ですが、本当の運ぶ目的が何なのか?

そこまで意識することで、その先の多くの喜びの連鎖が眼に浮かぶようになります。
そうなれば当然ながら安全で確実で敏速な輸送をしようと言う意欲が違ってきます。

使命感を持つ事ができるチャーター業者でありたいと思っております。

アナログの取組

チャーター便は一回ごとがオーダーメイド輸送。

人材による優劣が出る商売です。

インターネットやスマホ、カーナビ等デジタルの恩恵を受けつつも、最終的に大事な部分だけは人力、人の質に頼るチャーター業務なのです。

マニュアル化が不可能

チャーターは毎回オリジナル。チャーターの一回ごとに違うからマニュアル化が出来ないお仕事です。だから現場のドライバー判断力と的確な配車指示が重要です。

人材重視

ドライバーの判断力、常識が重要なアナログなチャーター業務なので、当社では人の質(人柄)を見極めてドライバーさんと契約しております。

例えばですが、チャーター現場で想定外のトラブルに遭遇した時ドライバー判断で切り抜ける事もあります。

ある時は、ドライバー判断では無く、配車係へ相談すべき状況な場面まであります。

その判断力こそドライバーには最も重要です。

これらの観点からドライバーさんを見極め、契約後も意識合わせの努力をしております。

車両品質重視

長距離を急ぐチャーター輸送では、使う車両の品質と性能も重要です。

夜中に故障でもすれば急ぎの荷物が届けられない事態に陥りますのでボロ車など言語道断です。

しかし、この世界は個人事業主が多い為、点検整備にコストをかけない車が多い実態が浮き彫りです。

実際にホロから雨漏りするトラックの人も沢山見てきましたので、当社はドライバー契約する前に車両状態やメンテナンスにかける意識の高さを確認させて頂いて当社品質に合致する人とだけ委託契約しております。

安全第一

急ぎが多いチャーター便だからこそ、事故になれば無意味になります。

当社では急ぎであっても安全を優先させて頂いております。

1997年創業から事故、故障でチャーターが失敗に終わった事は一度も無し。

桃井の個人的自慢となりますが、私自身もドライバーですが一年間平均で10万キロ走行して来ましたが、安全運転の証であるSDカードはゴールドです。

サンデードライバーさんのSDカードとは、全く難易度が意味が違う意味での無事故無違反記録なので、安全運転重視の証明書としてSDゴールドカードを誇りとしております。

配車が要

配車業務は敏速なチャーター、ミスのない納品へ最重要ポイントです。

1、チャーター内容に最適なドライバーを手配して詳細な指示を伝える。

2、完了まで行く先々の渋滞をチェックして適切な指示を出す。

3、ドライバーから24時間相談を受けアドバイスをする。

4、完了報告の内容に受取人名など漏れが無いか確認する。

5、お客様へ完了報告をメールや電話で確実に行う。

配車が最後まで手を抜かなければ、軽運送業界のクレームの大半は防止できます。

企業チャーター専用090-4312-7844急ぎは24H対応

お問合せフォーム