赤帽として開業した頃の思い出を書いてみます。(現在は株式会社ももちゃん便)

最初に結論ですが、サラリーマンを辞めて、運送屋になってから現在までの人生が、一番楽しい人生だと思います。この感覚は現在進行形です。

恥ずかしい話も含めて、赤帽開業した当時から思い出を書いて見たいと思います。
これから赤帽を始めたい人、脱サラして軽運送業車になりたい人の参考になったらと思います。

ただし、この記事を見て開業して、なんか話が違うとか後悔したとか合っても私は責任は持てませんので(笑)。

赤帽(個人事業)開業

1997年の12月に仙台にある赤帽宮城中央センターに所属して赤帽として開業しました。

20年以上も昔の記憶なので、開業した12月よりも数ヶ月前から赤帽宮城に出入りして加盟説明会に参加したり、新人研修を受けたりしていたんじゃないかな?と思うのですが、数ヶ月前からだったのか?数週間だったのか?

質問魔だった赤帽研修

堅苦しいエンジニアだった私は、赤帽組合の研修会の中では浮いてました。

研修会では堅苦しい質問、細かい疑問を持ったりするので、研修の先生をしていた赤帽宮城の当時の副理事長にうるさがられ、しまいには怒鳴られる始末でした(笑)。

「自分で営業しようとせず、黙って組合の言う通りに配車を受けて働けば良いんだ!」

と怒られました。

それを受けて当時の私は、「俺の質問が鋭くて、回答に困っての逆ギレかな?」と内心思ったものでした。

20年以上この世界を経験して、今になって副理事長の意図が理解できます。

商売人としても赤ちゃん、運送業者としても赤ちゃん、そんな全く未知の世界で私は頭の中だけで理解しよう頭で頑張っていた状態です。
この仕事はそうでは無く、まずは体験的に学ばないとダメなんですね。

経験を積んで自分の身体で学べと言う事だったんだと思います。

佐川のコマーシャルを真似て走るな!

あの時代は佐川急便が高収入イメージで目立ってました。

その佐川さんのイメージから運送屋は荷物を小脇に抱えて走るのが正しい姿だと思ってました。

業務研修で当時の専務理事から注意を受けました。

専務:「ももちゃん、走らない、荷物を持って走ってはダメだ」

と注意を受けました。

ももちゃん便:「だって佐川さんは・・・」

専務:「コマーシャルの影響だね。確かに佐川さんは荷物を抱えて走るけど、赤帽業界ではダメ。」

「荷物を持って転んだら?どうなるの?」

「数メートル走った所で何秒短縮できるの?」

「そんな事よりも、大切に安全にお届けするのが赤帽の配送スタイルだから」

もも:「はい!」

大いに納得でした。

安全最優先

確かに、最優先すべきはスピードより安全確実ですよね。

この方針は株式会社ももちゃん便になった現在も継続しております。