小さな会社の大きな保証

一般的な軽運送店の平均的な貨物保険の上限が300万円です。

当社では精密機械、医療機器、それらの高額部品も運びますので、

貨物保険の上限を5000万円にしました。(年度によって1000万円にする場合もございますのでご契約時にご確認ください)

万一の事故はあってはならない事。

貨物保険を使う場面など無いに越したことはありません。

保険があるからと気が緩むようでもだめです。

高額な貨物保険に加入する理由

しかし、そうは言っても小さな運送会社である株式会社ももちゃん便が一部上場の企業様をはじめとして、大手企業からチャーター業者として信頼してお取引いただく為、バックボーンには安心感のある金額の最高の貨物保険が必要だと考えております。

保証内容にご注意ください

他の運送会社や運送店も平均的300万円を超える1000万円等の高額貨物保険に加入していると宣伝されている場合もございますが、それらの運送店の中には、保証条件が激しく制限された安価な貨物保険もございますのでお気を付けください。制限される具体的な内容は、そのような安価で適用条件の激しい貨物保険であった場合は、車対車の交通事故を伴う貨物破損にしか効力が発揮されないのです。

しかも運送店の事業主ご本人も、安価な保険の落とし穴を知らずに加入するケースがございます。実は私も保険商品のチョイス途中で知りました。

もし同業者の方がここをご覧になっていて、実は安価な保険に入っていると思われた場合は、保険会社にご確認された方が宜しいかと思います。

その際、口頭で代理店から回答を得るのではなく、文書で確認された方が宜しいかと思います。

貨物保険は一般的では無い商品なので担当者によっては勉強不足で安易に「フルカバーです」と口頭で回答してしまうリスクがあるからです。

文書の回答を求めることにより、保険会社の正式回答になるので、担当者も慎重に勉強してからの正式回答が得られます。私の経験では当時取引して居た代理店では口頭から文書に切り替える段階で回答が翻りました。

このような安価な貨物保険は車対車の事故でお荷物破損した場合にしか保証されませんが、しかし、実際の交通事故では相手方の対物保険が出ますので、過失割合次第ですが貨物保険の出番はありません。

だから安価に加入可能な貨物保険が成り立つのです。

しかし、そのタイプの保険ではダメです。

何故ならば実際に貨物保険が必須となる場面は、例えば、雪道スリップでの自損事故による積み荷の破損、作業中で車両が絡まない荷物破損などだからです。

これらの破損は、企業様のチャーター荷物に関しては通常の任意保険の対物補償は出ませんので。

ここまで確実にカバーする貨物保険は高額な保険料になります。

そのために、なかなか1000万円や5000万円の設定は出来ないのですが、チャーター専門として会社規模が小さくても大きな保証を付ける事で責任を示す数字でもあると考えております。

一部上場など大きな企業からも安心してお取引頂ける根拠がここにあります。

賠償能力は保険の範囲です

安心感のある高額なフルカバータイプの貨物保険でご安心頂いてますが、当社の賠償能力は、貨物保険の範囲での賠償能力であり、保険会社が提示する金額以上の保証は当社としても出来兼ねますので、あらかじめその点だけご理解をお願いいたします。

当社の特徴

企業専用090-4312-8944受付時間 7:00-20:00 [ 土・日・祝日ok ]
急ぎの場合は24H対応

お問い合せフォーム(急ぎは090-4312-7844)