使命感が走ってます

主語がおかしいですが、これがチャーター運転中にぴったりです。

緊急輸送中に運転に精神集中していると、

「私が使命感を持って走る」

のではなく、

「使命感そのものが走っている」

そんな感覚になってきます。

この状態で余計な事を一切考えず運転すると疲労も少なく判断も的確です。

軽運送の世界は、チャーター業者は多いですが、使命感を持って対応する人は意外と少ないと私は思います。

人で差が出る仕事

順調な場合は、誰が走っても同じです。

極論で言えば、やる気が無い人でも問題無いかもしれません。

しかし、スポットチャーター便は想定外の問題が出る事が多いのです。

トラブル発生でも最善の道を模索する熱意、その熱意の原動力は、人で差が出ます。

何よりも急ぎの荷物だからこそ、到着時間より何よりも安全、確実に無事にお届けする使命感が大事です。

エンドユーザーまでイメージする

使命感を持つ為には、「無事に間違い無くお届けする事で、結果的にどんな風にお役に立てるのか?」または「無事に届けられない場合、逆にどんなデメリットがあるのか」など知っている必要があります。

赤帽時代からのチャーター輸送のエキスパート

兎にも角にも急ぐ

例 : 医療機械の故障部品チャーター便のイメージ

  1. 部品が到着する病院にはメーカーのサービスマンが首を長くして待ってます。
  2. 故に最初のイメージは、サービスマンがホッとするイメージ。
  3. 部品が無事に到着して装置がスムーズに治ると病院は検査再開するので検査技師や医師がホッとします。
  4. そして検査が出来れば命が助かる患者さんがいるかも?
  5. 患者さんが助かると、ご家族が喜びます。

ただ、単純に見えるチャーター業務ですが、運ぶ本当の目的まで意識すれば、その先に多くの喜びの連鎖が眼に浮かぶようになります。

当然ながら安全、確実、敏速なチャーター輸送への意欲が違ってきます。

ももちゃん便は、使命感を持つチャーター業者でありたいと思っております。

企業のチャーター配送を24時間受付090-4312-7844急ぎは24時間受付、それ以外は7:00〜17:00

メールフォーム電話連絡と併用ください