軽1Box車による対応

  • ももちゃん便は、軽(660CC)のワンボックス車で対応します。
  • 軽運送業者としてはドル箱だった引越業務を潔く廃止!しました。
  • 引越廃止で急ぎの荷物を専門に扱う法人様向けチャーター便の専門会社となりました。
  • だから幌形状の軽トラックを廃止出来ました。
  • ワンボックス車だからお客様の精密機械や部品、その他、大切なお荷物を悪天候から守り、季節や天候による温度、湿度の荷室の変化からお守りして安全に優しく輸送可能です。
N-Boxホイールアライメント調整
写真はホイールアライメント調整中

運搬可能な荷物サイズ

車両タイプ 高さ 奥行き 横幅
ワゴンの場合 120cm 100cm 70cm
バンの場合 110cm 180cm 130cm

お荷物の「高さ」「奥行き」「横幅」をcm単位で教えて下さい

知りたい理由は、運賃の加算材料では無く、現場でお荷物が入らないと困るからです。
上記の表に対して微妙なサイズなら、お手数ですが一層正確に測ってください。

逆に、この表の限界サイズに対して全く問題ない小さなお荷物である場合は

「片手で持てる小さな荷物です」、「女性でも持てる程度の小さくて軽い荷物です」のようなご説明でもOKです。

超音波輸送専用車あり

従来はパワーゲートトラック

当社従来のパワーゲート付き軽トラックは、軽自動車最大クラスの容積を誇るメリットがありましたが、幌車の構造上の欠点となる機密性の欠如が悪天候の長距離走行では不安がありました。

また、万一現場で複雑でデリケートな軽トラ用パワーゲートが故障すれば致命的である事も懸念材料でした。他県の同業者ですがゲートを支えるワイヤー断裂により高額な医療機械を落下全損する事故がありました。

現在スロープ付きワゴン車

ワゴン車のメリット

これは勿論、ゲート付き幌車時代の懸念が消えたことです。

ももちゃん便の現在の姿は、最新型ホンダN-Boxスロープ仕様を更に運送事業用に構造変更した当社オンリーの車輌を使います。
N-Boxスロープ仕様は、それ自体テールゲートが地上すれすれ、つまり車体一番下の所まで切れており、他の車に類を見ない低床構造のワゴン車です。
その非常に低い床からアルミスロープが繰り出され緩やかな勾配になる事で、超音波装置や骨密度などのキャスター付き医療機械の昇降が安全かつスムーズに可能です。赤帽時代の軽パワーゲートを超える安心感

超音波装置サイズ

当社でN-Boxスロープ仕様で受注可能な超音波装置のサイズとしては、このスロープ車の写真に記入したサイズ範囲内です。
最近のエコーは液晶なので液晶を倒した状態の全高が低くなり、この車で運べない超音波装置には現時点まで遭遇してません。

しかし、最大クラスの装置や旧式ブラウン管タイプの場合は、当社のN-Boxスロープ仕様では入らない場合もあると思いますので、ご依頼前に十分にご注意ください。

超音波の高さ125cmまで

ブラウン管タイプの超音波装置の場合は、画面が取り外された状態であれば対応可能な場合もあります。

寸法の記載は範囲(〜)を持たせてあるのですが、その理由は、ワゴン車の内側は凸凹があるので、場所によって寸法が異なるから、装置の最大高の位置との兼ね合いでどうなるか分からないからです。

その他 車両情報