超音波などキャスター付き精密機械輸送

過去、赤帽だった当時はパワーゲート付き軽トラックで行っていた業務を今は写真のようなワゴン車に切り替えてます。

ワゴン車に切り替えたメリット

ベースとなる車両を軽トラックから軽ワゴンに切り替えましたが、ワゴン車なら悪天候の高速道路走行でも最初から風雨、湿気の侵入が無い事が一番のメリットです。もちろん幌トラックでも工夫次第では安全性を高める事も可能ですし、皆さん頑張って対策されてますが、私はメーカー標準の状態で安全なワゴン車がお気に入りです。

パワーゲートからスロープに

特殊な低床ワゴンで、そのとても低い床からアルミ製スロープが出てきます。
おそらく皆様のご想像よりも緩やかな勾配なので、超音波装置や骨密度などキャスター付き医療機械の昇降が安全かつスムーズに可能です。

赤帽時代の軽パワーゲートを超える安心感

運搬可能な装置サイズ

基本的に記載範囲の中の最小サイズで受注させて頂きます。
寸法に範囲を持たせて記載する理由ですが、ワゴン車の内側は凸凹があるので、場所によって寸法が異なるからです。