エコー輸送にスロープ車

超音波診断(エコー)輸送

赤帽さん時代は、軽トラパワーゲートで体温していたエコー輸送ですが、現在はエコー輸送用に構造変更したN-Boxスロープ付き車両を使っております。

とても床が低く天井が高いので想像より高さのあるエコーまで運べてます。

実際、ここ数年でN-Boxに入らなかったエコーは有りませんでした。

N-Boxなら雨でも安心エコー輸送

雨漏り&吹き込みゼロ

  • 幌車(当社従来)でも雨天走行は大丈夫ですが、いかんせん幌の場合はピンホールや想定外の幌の損傷による雨漏りの危険性がありました。
  • 当時の私は、幌の二重化など、出来る限りの対策は取ってましたが、飛び石や街路樹の干渉で穴が空くリスクは常にある。
  • 幌の自然劣化とスレによる漏水リスクも心配したらキリがない。
  • ゲリラ豪雨中の高速道路走行では、幌や床下の隙間からの吹き込みもあり、強烈な風圧の高速走行では時々は吹き込んでた。
  • 元エンジニアとしては上記の問題が常に気になる走行でしたが、今現在使うワゴン車は、それらリスクはほぼ無縁なので、安心して運転に神経を集中させる事が出来てます。

元エンジニアとしては上記の問題が常に気になる雨天走行でした。

現在使うワゴン車は、それらのリスクは無縁なので、運転に神経を集中させる事が出来て疲労軽減になりました。

外気が流入して来ない

  • その他にもワゴン車メリットは、湿度が高い豪雨走行中、荷台を外気通過が少ない事から装置の結露が無いこと。
  • 当社従来のホロ車は、豪雨の湿った空気が荷室に流入する事は防止できず、精密機械の輸送では、台風やゲリラ豪雨の中で走行すると、到着時には幌内に細かい水滴が見えるほどの湿気を帯びていたこともありました。

埃対策にも有効

ワゴン車のメリットは更に有り、黄砂の季節など、埃が走行中の荷室に吹き込まなくなりました。

スロープでの昇降

特殊な低床構造のN-Boxスロープ仕様がベース車なので、元々が低い床(路面に近い高さ)です。

そこから三段伸縮式のホンダ純正の安心感あるアルミスロープが繰り出されますので、意外と緩やかな勾配で昇降可能です。

超音波診断装置(エコー)や骨密度などのキャスター付き医療機械の昇降も、このスロープなら安全に行うことが出来ます。

ハイエース並みに高さが取れる

N-Boxは軽自動車ですが、スロープ仕様のN-Boxであれば床が低い上に、更にリアシートを外し、更に低床に構造変更された専用車。

標準ルーフのハイエースに入らない高さのエコー装置でも入る場合があります

スロープには故障が無い

パワーゲートで怖いのは故障による昇降不能となる懸念ですが、最悪なのは昇降中のパワーゲートのワイヤー断裂による精密機械の落下事故です。

スロープには、故障する構造は無いので、故障による不安から解放されました。

極寒の北海道でも安心

N-Boxのスロープは走行中は車内に格納されているので、冬の北海道の吹雪の中を走行しても車内室温のまま。

外付けパワーゲートのように凍結して動かなくなる不安がありません。

スロープ車で運べる装置サイズ

赤帽時代の軽パワーゲートを超える安心感
精密機械輸送の安心感があります

N-Boxスロープ仕様で載せられる超音波装置サイズは、写真に記したサイズ範囲内(簡単に言えばタイヤ幅60cmまで、高さ125cm程度まで)となります。

初回の装置ご依頼には、エコー(や骨密度)装置の高さ、タイヤの幅、奥行、を教えてください。

最近のエコーは、液晶画面で輸送時の高さがとても低くなりましたので、構造変更済N-Boxで運べない超音波装置には一度も遭遇した事がありませんが、万一にも現場で装置が積めない事があったら最悪ですので。

寸法の記載は範囲(〜)を持たせてあるのですが、その理由は、ワゴン車の内側は凸凹があるので、場所によって寸法が異なる事と、装置の最大高の位置と荷台の凹凸の相性でどうなるか分からないからです。