超音波診断装置(エコー)輸送に対応

赤帽当時はパワーゲート軽トラで行っていた業務を現在は写真のような軽ワゴンスロープ仕様車で行います。

ワゴン車だから風雨に安心感

ワゴン車なら悪天候の高速道路走行でも幌車(赤帽時代の当社従来仕様)より安心感がアップしました。

雨漏り不安が無い

雨が荷室に入らない事は赤帽時代の当社従来仕様の幌車でも当然でしたが、幌の場合はピンホールや想定外の幌の損傷による雨漏りの危険性がありました。そこには幌の二重化など出来る限り対策は取ってましたが、ゲリラ豪雨のような走行中は元エンジニアとしては不安が拭い切れない部分でした。その点でワゴン車は完全な防水性能なので安心して走行できてます。

外気流入を防止

2番目のワゴン車に切り替えたメリットは、雨天時に湿度が高い外気侵入が少ない事です。
幌車(当社従来)では荷室への外気侵入が強烈でした。
具体的には高速走行中の風圧に対しては、幌の隙間や荷台の床下の隙間からの外気侵入は防ぐことが出来ませんでした。

湿気った雨天時の風が貨物室を通過するイメージでした。

豪雨の湿った空気が荷室に流入する事は防止できず、精密機械の輸送では、台風やゲリラ豪雨の中で走行すると、到着時には水滴が見えるほどの湿気を帯びていたこともありました。

埃対策にも有効

ワゴン車のメリットは対湿度だけではありません。
黄砂の季節など埃が走行中の荷室に吹き込まない点もメリットです。

パワーゲートからスロープに

低床構造でスムーズ

特殊な低床構造のN-Boxスロープ仕様と言うワゴンがベースです。
元々が介護用に作られた低い床(路面に近い高さ)からアルミ製の頑丈なスロープが出てきます。
おそらく皆様のご想像よりも緩やかな勾配なので、超音波診断装置(エコー)や骨密度など、キャスター付き医療機械の昇降は安全です。

低床構造だからハイエース並みに

N-Boxは軽自動車ですが、スロープ仕様のN-Boxであれば床が常識はずれに低いので、更にリアシートを取り外した当社の構造変更された専用車ならば、積載できるエコー装置の高さがハイエースと変わらなかったりするようです。(お客様談)
つまり皆様のご想像よりもノッポさんの機械も積めたりします。

故障が無いスロープの安心

パワーゲートからスロープ仕様に切り替えるワゴン車になる為の悪天候への安心感だけでは無く、故障などのトラブル要素から解放される点です。

複雑な可動部を持たないシンプルはスロープしか無いので、故障知らずです。

スロープは車内に格納されているので、冬の北海道など走行しても凍結してパワーゲートが動かないと言う心配もありません。

nbox_チャーター荷台
荷台に入るサイズ

N-Boxスロープ仕様で受注可能な超音波装置サイズは写真に記したサイズ範囲内(簡単に言えばタイヤ幅60cmまで、高さ125cm程度まで)となります。

運べるエコーサイズの限界

運べるエコーの限界サイズエコー高さエコー奥行キャスター幅
N-Box超音波専用125〜130cm100〜130cm60cm
寸法に範囲があるのは荷室の形状が直方体では無い為。
横幅の限界はキャスター幅(スロープ幅)による限界です。

初回の装置に対してのご依頼には、エコー(や骨密度)装置の高さ、タイヤの幅、奥行、出来れば装置の寸法記載があるWeb上の資料などの添付メールをお願いします。

もっとも最近のエコーは、液晶になり輸送時の高さが低くなりましたので、過去、当社のN-Box構造変更車で運べない超音波装置には遭遇した事がありません。

しかしブラウン管タイプ(旧型エコー)や装置の構造次第では、高さネックで入らない可能性もあるので、ご依頼前に十分にご確認ください。

寸法の記載は範囲(〜)を持たせてあるのですが、その理由は、ワゴン車の内側は凸凹があるので、場所によって寸法が異なる事と、装置の最大高の位置と荷台の凹凸の相性でどうなるか分からないからです。

企業の緊急便 専用ダイヤルは24H受付090-4312-7844赤帽ももちゃん便は(株)ももちゃん便となりました

ご連絡フォーム お電話後の詳細ご連絡に