当社はインボイス登録済み詳しく見る

カスタマイズ配送– 特別待遇で運びます –

1個の荷物をVIP待遇で、注意深く、確実な時間指定での配送など、お客様の個別のご要望に合わせた対応を行います。

目次

実例1:紛失が許されない書類など

急ぎの重要書類、出来上がり次第で緊急配送したい場面。
完成予想時間より前に、当社ドライバーが現地待機します。

書類の完成次第で即座に発車し、直行便で、ダイレクトに最短お届けします。

途中で中継センターでの仕分けもなく、トラックからトラックへ載せ替えることもないので、指示を受けた集荷ドライバーが最後まで責任を持って対応します。

もちろん重要書類なので、基本的に郵便受けや荷受場に納品などせず、受け取り指定人様へ納品します。
(集荷時のご指定が郵便受けや荷受けであれば別です)
(集荷待機の待ち時間、納品先での前乗り料金が加算になる場合があります)

実例2:クレーム品の交換対応

出荷ミスでお客様の手元に届けてしまった荷物を回収して、本来の正しい製品と交換するデリケートなクレーム対応。

敏速で、礼儀正しい態度が求められます。

私は運送屋だからクレームとは無関係ですと言う態度ではなく、荷主様と受取人様の双方の気持ちをイメージしながら対応します。

特に夜間のお届け女性客の場合には、私の妻が対応出来るとベターかも知れません。コワモテの男性ドライバーがクレーム対応にお邪魔するよりも女性客には女性が対応した方が安心されるようです。

実例3:御社の社員様の代わりに

大事な得意先で時間に厳しいからと言うことで社員様がご自身で車を運転して遠方まで届けている場合があるようです。

完全貸切便の当社なら社員様の代理として、大事な得意先に失礼が無いように誠心誠意の対応で納品します。
分刻みの時間指定までも対応可能です。

実例4:納品の作法が必要な場面

通常は定期便で配送している納品先。

急な欠品でチャーター便を使うとしても、納品先では陳列棚に入れるところまで作業しなければならないこともあります。

横柄なドライバーであれば、軒先下ろし以外に対応しない!と逆ギレする場合もありそうですが、当社ドライバーさんは臨機応変な対応にも慣れているので、可能な内容であればご協力させて頂きます。(ただし、毎日配送している定期便業者さんと同じには出来ませんので、あくまでも可能な範囲とはなります。)

貸切便は個別対応が可能です

目次