お盆休みの配送受付について詳細はこちら

簡易ペット輸送– 軽貨物陸送 –

「簡易」と明記した理由

ペット輸送専門業者さんとは違って、至れり尽くせりとは行きませんが、専門業者さんで手配が付かないでお困りの時には、動物好きな当社で手が空いていたらお力になります。

当社はペット輸送専門業者ではなく、メインは緊急便、精密機械輸送です。
しかし、自分達夫婦が動物大好きで長年ペットに囲まれて生きて来たこともあり、創業当初はペット輸送に力を入れた時期もあった経緯があります。

近年ペットブームにより需要過多となっているペット輸送で、業者手配が出来なくてお困りの企業、個人様に対して、少しだけお手伝いの気持ちで「簡易ペット輸送」を業務メニューに追加しました。
あくまでもペット輸送でお困りのシーンに微力ながらお手伝いのレベルですので、本格的なペット輸送業者さんとは内容が異なります。

ペット輸送専門業者との違い

ペット輸送専門業者さんとの明確な違いがあります。
おそらく専門業者さんなら輸送中の怪我や容態急変、死亡に対して賠償責任を負うスタンスだと思いますが、当社はそれらの問題発生時に賠償責任が負えません。

当社の貨物保険は通常の貨物を対象としておりますので、生き物に対してはグレーゾーンなので万一の場合にどうなるかが分からないです。保険業界でグレーゾーンに見える場合は、辛口な方向に予想した方が安全なので生き物に対しては保険金が出ないと覚悟した方が良いでしょう。

ゆえに、万一の事故の場合になってから無責任な事にならないよう、当社としては生き物の輸送に関しては、万一の場合の賠償責任が負えないと言うスタンスを明確にする方が誠実だと考えました。

当社では、輸送中の餌の補給、給水、糞尿のお世話、散歩などケージの開閉を伴うサービスをお断りしてます。
理由は、万一の逃走を防止するためと輸送中の嘔吐や怪我を防止したいからです。
専門業者さんは日常的に多種多様な動物取り扱いに慣れているので上記対応もするお店もあると思うのですが、当社は純粋にお運びするだけになります。(動物大好きなので本心では色々したいんですけど安全にお届けすることに専念します)

ここまで簡易で利用価値があるのか?

ももちゃん便

輸送中のお世話がない上に、万一の怪我、死亡に賠償責任も負えないとなれば、輸送業者としての利用価値があるか疑問を持たれるでしょう。
そこで当社の思う、簡易ペット輸送の利用価値を書いてみました。

軽ワンボックス(ワゴン、バン)中心の配車

ワンボックス車なので、真夏でも真冬でもエアコンが届く普通の室温の中でワンちゃん、猫ちゃんが輸送されます。
乗り心地の観点でもサスペンションの良さは軽自動車の中ではワゴン(乗用車ベース)が一番乗り心地が良く、次いでバン、最後にトラックです。トラックは大容量で重たい荷物も運べるメリットの代償なのでトラックとしてはこれが正解です。

動物が大好きな人間が運ぶ

私と妻は人生の大半を多数の動物たちと共に生きて来たどうぶう大好き人間です。
そしてペット輸送で配車される範囲の仲間(契約ドライバーさん)も動物好きな人です。
当社の簡易ペット輸送では、万一の場合に保険的な賠償責任は負えない事は明確にさせて頂きますが、その代わりペットを大事に輸送する気持ちはペット輸送専門業者さんにも負けない気持ちがあります。

20年以上の安全輸送実績

当社のメイン業務が精密機械輸送、精密部品の緊急配送などの壊れやすいお荷物です。
そのため日頃から安全運転と慎重な荷物取り扱いには精通しております。
高額品の輸送なので交通事故防止に徹した防衛運転も慣れてます。
お荷物への負担を軽減する運転技術(前後G、横Gを最小に抑える)にも慣れてます。
そして慎重に取り扱う、運転する心構えが常にあります。

精密機械輸送中の、急ブレーキ、急ハンドル、急発進は当然禁止で、徹底的に緩やかな加速と減速を行い、コーナーや車線変更時の横Gも極力抑える配慮した運転に慣れてます。

一見すると私の運転は普通にペース良い運転にしか見えないとしても、実際にはコーナーリングのライン取りの工夫で見た目以上にスムーズなお荷物にストレスの無い運転です。

これら精密機械輸送時の運転スキルはペット輸送にも大事なポイントだと考えます。

例えば、ケージは固定出来ても、ケージの中のワンちゃん、猫ちゃんは、ケージ内で自由です。
強めのブレーキ、ラフなコーナーリングは、ケージ内でペットが揺られケージ内で転倒したり、ケージ内で足がスリップしてストレスにもなりかね無い。

その点から精密機械輸送の運転スキルは大切なペット輸送にも応用可能だと思っております。

当社ペット輸送の受入れ条件

あくまでも簡易ペット輸送なので、受け入れ可能な条件がございます。

  • ケージや箱(箱で良いのは小動物に限ります)に入っているペットであること。
  • 途中の水やりや餌の補給、トイレのお世話などは逃走防止の観点から対応不可とさせて頂きます。
  • 当社はペット輸送専門業車ではございませんので、貨物保険も通常のお荷物だけを対象にしており、生き物、ペットに対しては万一の場合の保険対応が出来かねます。
  • 輸送中の体調急変、急死、事故による怪我や死亡、逃走などの生き物に対しての賠償力はございません。
  • 容態急変などの際に最寄りの動物病院へ行き先を変える事も基本的に致しません。
    一刻も早く飼い主様にお届けする事にだけ専念させて頂きます。

上記のような受け入れ条件が無いパーフェクトなペット輸送をご希望の場合は、当社ではなくペット輸送専門の業者さんを探されることをお勧めしますが、上記の受け入れ条件をご理解頂ける場合のみ当社でも対応可能です。

生き物だからと言う理由で適切な輸送業者が見つからず、お困りの場合にお力になれたらという気持ちでペットに関してのメニューを復活したものです。
生き物の場合は通常の貨物保険では難しいために責任に関しては無責任に大丈夫とは言えませんので、その点をご理解の上でのご依頼のみお引き受けします。

仙台空港からペット輸送にも対応

仙台空港に到着したペットを仙台及び東北各地へのペット輸送には当社も簡易ペット輸送は対応で対応可能です。

仙台空港外観
仙台空港の貨物エリア雰囲気

空港引取りチャーターご依頼前のお願い

仙台空港での受取人が「株式会社ももちゃん便」になっていますか?

発送した空港で仙台空港の受取人を記入する際、お客様名にされているケースが多いです。
当社へご依頼の場合には、「ももちゃん便」と記載して頂くようお願いします。

万一、受取人が「ももちゃん便」以外で発送してしまったら?

お客様から仙台空港のANAやJALの貨物窓口に、ももちゃん便に委任する旨を委任状をFAX文書で提出して頂いてから受け取り可能となります。

くれぐれも受取人は「株式会社ももちゃん便」で記入よろしくお願いします。

ももちゃん便の配送MENU一覧