車両メンテ万全

目次

自分自身と正規ディーラーの併用

最速チャーター成功の鍵は、日頃からの車のメンテナンスと点検です。
自分で出来るメンテは日頃から自分でやることで、車両の細かい部分に目が届きます。

スタッドレスタイヤ
タイヤ交換は足回りに目が届きます

自社保有車両はメンテナンス全てをホンダカーズ宮城中央正規ディーラーで実施します。

  • 車検
  • 定期点検(6,12ヶ月点検)
  • オイル交換
  • その他、消耗品交換の全て

ホンダ正規ディーラーを我が愛車のホームドクターとする事で、車整備の全履歴をホンダトータルケアのサーバーで一括管理して頂いています。

つまりお店のコンピューターを見れば交換時期の来ている部品が分かりますし、私もiPhoneのトータルケアアプリの画面から随時確認可能。

更に、ウッカリしても、サーバーから自動的に交換時期の来る少し前に(走行距離は自動的にサーバーが取得している)メールも来ます。

正規ディーラーのメリット

  • 最新のN-Boxはカメラとレーダーによる半自動運転搭載になり、フロントガラス交換も正規ディーラーにしか出来ない調整項目があるし、安価な社外ガラスは事実上使えないのでディーラー以外を選ぶメリットは無い。
  • 高度な精密機械であるCVTは、専用オイル交換もホンダに任せた方が安心らしい。
  • ホンダ車は純正カーナビが、ホンダトータルケアのデーターベースに接続されていて走行距離データーと各種消耗部品の交換タイミングが自動的にコンピューター管理されている。
  • 必要な時期が近くなるとメールでお知らせが来たりする利便性もありトータルでホンダに任せるのが車両管理の手間が軽減される。
  • この様に、全てをディーラーに任せるメリットが増えつつあります。

契約ドライバーさんの車に関しても、当社の顧客の荷物を信頼して委託出来る整備水準である事を契約前にきっちり確認させて頂くようにしてます。

  • 契約前に車両を拝見し、走行距離や、消耗品の交換履歴を確認。
  • 整備方針(定期点検を行うか?など)もヒアリングさせて頂いてます。
  • 当社の期待する車両品質でない車両の場合は契約しません。
  • 契約後も当社経験から距離消耗部品が予測可能なので、契約ドライバーさんへ適切なメンテナンス時期のアドバイスも実施。
  • このようにチャーター業務走行中のトラブルリスクの回避に努めます。
N-Boxホイールアライメント調整
写真はホンダでの作業写真では有りません

私は、車が好きですし気持ち良く安全に走りたいのです。

目次
閉じる