仙台から大至急の配送090-4312-7844

貨物保険1000万円

目次

貨物保険は完備

貨物保険証券

貨物保険1000万円

多くの軽運送の貨物保険が300万なのに対し、ももちゃん便は1000万です。
1000万円なら精密機械の輸送もある程度ご安心頂けるレベルだと思います。ただし、全車では無く一部の車両は貨物保険が300万円です。

看板娘

300万円では困る高額なお荷物となる場合は、高額品でXXXX万円の保険が必要である。とご依頼前にお伝えください。
そのお申し出が無い場合は300万円の保険設定で大丈夫と見なして配車させて頂きますので、タイミングによっては300万円保険の車輌での対応となります。

看板娘

次のケースとして、もし御社のお荷物が1000万の貨物保険でも不足な場合は、一時的な保険増額も可能です。
ただ、その場合は、差額保険料はお客様にご負担頂く事になりますし、保険会社に事前の申告が必要なので、必ず事前にご相談ください。
保険料の差額が何万円必要なのか?については都度、保険会社に見積もりを取り回答差し上げます。

当社の賠償できる範囲を明確化

事故があった場合に、ももちゃん便が賠償出来る範囲は、貨物保険(保険会社から支払われる金額)の範囲内とさせて頂きます。(小さな会社ですから、出来ない事を明確にするのも信用第一だと考えております)

賠償可能なのは保険会社から支払って頂ける範囲ですので、保険対象外となる部分までの責任は負えません事は正直に申し上げます。

保険対象外となりそうな具体例の一つは、荷物が破損した事によって、連鎖的に製造遅延が出て、その遅延によって出荷停止など二次的損害が出ても保険対象外になってしまうそうです。
また、破損した物が希少な物であっても、希少価値を勘定に入れられるとは限らないそうです。

例えば、盲導犬を輸送中の事故の場合は、盲導犬は育成に大変なコストのかかる犬ですが、保険としては普通の同種の犬としての価格帯になるような話です。

賠償能力が無制限な運送会社(運送店)について思うこと

賠償能力を隠す業者に注意

ももちゃん便

ももちゃん便は「賠償範囲が保険の範囲までになります。」と馬鹿正直に言う事で、しばしば大口契約を逃しております。しかし、それでも無責任に賠償能力を隠してまで契約はしません。

いかなる理由でも全責任を負える業者に疑問

「震災による被害でも全責任を負う」的な常識的に無謀すぎる内容の契約書を見かけます。
我々のような軽貨物会社レベルで、その様な賠償範囲まで保証できる訳が無いのにです。

更に驚くのは、

そこまで無限大な賠償能力があると思えない小規模運送会社や個人運送店が、その内容で大丈夫ですと平気で契約する場合があるようです。

しかし、その賠償能力は本当に本当なのでしょうか?

  • 災害による被害でも全額を保証出来る事業規模の運送屋さんでしょうか?
  • そこまでのリスクを負っても商売として成り立つでしょうか?
  • 仕事が欲しい一心で、契約書は単なる形式的な物だと調印してしまう業者さんでは無いでしょうか?
  • 万一のことは考えないだけだったりしませんか?

実際にあった話ですが、他社さんなら契約可能と聞いたので、上記疑問をお客様に伝え、お客様から運送店に本当に万一の場合は契約通り賠償可能なのか?と再確認したところ、良く契約書を見てなかったと言われたそうです。

契約書は、「印鑑を押すだけのイベント」、事務方の流れ作業になっているようですが、それでも、いざ本当に災害時に荷物が失われることがあれば、その契約書に従った責任問題が発生します。
その時に、小さな運送店や運送会社には当然無理な内容であれば、契約書がどうであっても困るのは双方なので、契約書は妥当な内容でこその契約だと思います。

貨物保険が無い運送屋すら存在

運送会社(運送店含む)の中には、貨物保険未加入の業者もいると聞き及んでます。
貨物保険は高いので、加入できない運送業者も出てくるのも致し方ないのかも知れません。

  • 貨物保険は、無事故でも等級が変わらないので、安全第一な運送会社は不公平感があります。
  • 自社が長年無事故で貨物保険は全くの未使用でも、保険料の割引制度は一切なく、事故を起こす運送会社と同レベルに扱われます。
  • そればかりか、荷物を良く壊す業者が貨物保険を利用すれば、無事故の会社も一律に翌年保険料がアップするのです。
  • 真面目に無事故で営業する運送会社は巻き添え値上げです。
ももちゃん便

真面目に安全輸送する運送会社から見たら、これでは不公平感のある貨物保険なので、保険料を払いたくないと思って、未加入になる運送会社の気持ちも理解出来なくも無いですが、当社は1997年開業から現在まで貨物保険は欠かさず継続して加入しております。

目次
閉じる