貨物保険1000万円

貨物保険は完備

貨物保険証券

貨物保険完備

当社は1000万円の貨物保険に加入してます。

ただし、手配する車両によっては、貨物保険が300万円の場合もありますので、300万円では不足する高額荷物は、受付時にご申告ください。

高額品でXXXX万円の保険が必要である。とお伝えください。

そのお申し出が無い場合は300万円の保険設定で大丈夫と見なして配車させて頂きますので、タイミングによっては300万円保険の車輌での対応となります。

更に1000万円でも不足なら

もし御社のお荷物が1000万の貨物保険でも不足な場合は、一時的な保険増額も可能です。
ただ、その場合は、差額保険料はお客様にご負担頂く事になりますし、保険会社に事前の申告が必要なので、必ず事前にご相談ください。
保険料の差額が何万円必要なのか?については都度、保険会社に見積もりを取り回答差し上げます。

当社の賠償できる範囲を明確化

事故があった場合に、ももちゃん便が賠償出来る範囲は、貨物保険(保険会社から支払われる金額)の範囲内とさせて頂きます。
(小さな会社ですから、出来ない事を明確にするのも信用第一だと考えております)

賠償可能なのは保険会社から支払われる金額範囲ですので、保険対象外となる部分までの責任は負えません事は正直に申し上げます。

保険対象外となりそうな具体例の一つは

荷物が破損した事によって、連鎖的に製造遅延が出て、その遅延によって出荷停止など二次的損害が出ても保険対象外になってしまうそうです。
また、破損した物が希少な物であっても、希少価値を勘定に入れられるとは限らないそうです。

賠償範囲を考えない業者も実在

「ももちゃん便は賠償範囲が保険の範囲までになります。」

と馬鹿正直に言う事で、私は、しばしば大口契約を逃しておりますが、その理由は賠償能力がないのに、どんなケースでも全責任を追う条件で調印する業者が多いからだと感じてます。

しかし、それでも当社は無責任に賠償能力に嘘を付いての契約は致しません。
それでは何のための契約なのか?意味がないからです。

全責任負える業者の疑問

私の経験上、契約書を前にして驚くことがあります。

「震災による荷物破損でも全責任を負う」的な全責任を、小さな下請運送会社や外注個人事業主に強要する契約書を見て驚く事があります。

そこまでの無限大な賠償能力があると思えない事業規模の運送会社や運送店が、その契約書に平気で調印するケースが多いようです。

ももちゃん便は、大口の契約を取りたいと思っても、出来もしない賠償範囲を書類上だからといい加減な無責任契約はしません。

その運送屋さんの賠償能力は本当でしょうか?

災害による被害でも全額を保証出来る事業規模の運送屋さんでしょうか?

そこまでリスクを負っても商売成り立つのでしょうか?

責任の無い、避けられない遅延などでも責任を負えるのでしょうか?

仕事が欲しい一心で、契約書は単なる形式的な物だと調印してしまう業者さんでは無いでしょうか?

実際の自分の賠償能力など考えず、「万一の事など考え無い」契約では無いでしょうか?

何の為の契約書なのか

私は自社の身の丈に合わない、無謀な賠償責任を含めた契約を取るつもりはありません。
そもそも出来ない内容で調印すれば契約書の意味が無いです(笑)。

自分の保身ですが、お客様の為にも万一の場合に「ごめんなさい」しか言えないのでは迷惑千万になるからです。

貨物保険が無い運送屋すら存在

運送会社(運送店含む)の中には、貨物保険未加入の業者もいると聞き及んでます。

保険料が高い貨物保険のシステムにも原因はあり、貨物保険は高額な掛け金である上に、自社が長年無事故で貨物保険が未使用だったとしても保険料割引は一切はありません。

それどころか、荷物を良く壊す業者が貨物保険を利用すれば、翌年に無事故の業者までが保険料がアップするのです。これでは真面目に無事故で営業する運送会社は巻き添え値上げ保険料を払う気がなくなるのも理解は出来ます。

この不公平な貨物保険システムでは、保険料を払いたくないと言う理由と、高額で払えないと言う両方の理由から未加入になる運送会社の気持ちも理解出来なくも無いですが、実際は、その理由よりも、事故など起きない。とか、事故が起きなければ無保険でもバレないと言う甘えがあるような気がします。

当社は1997年開業から現在まで貨物保険は一年も欠かさず継続して加入しております。

タイトルとURLをコピーしました