適切な配車指示

当たり前が難しい

ももちゃん便では、業界随一のキチンとした配車を行ってます。

お客様
お客様

桃井さん、キチンと配車するって当たり前の話を自慢してませんか?

ももちゃん便
ももちゃん便

この当たり前が、一番大切です。
そして意外と実行されてない業界です。

用件は漏らさず伝えます

桃井絵理香

配車の手間を惜しまず

お客様からご指示された配送指示は、配車係りからドライバーへ、最大限漏らさず、適切な用語に変換して伝えます。
お客様の言う作業指示を業界内で適切な言葉に変えて、ドライバーにわかり易い形で伝えます。

ドライバーが知っているのは、集荷場所と納品場所だけ。。。
なんてズサンな配車ではなく、細かい指示があれば、それも含めて伝えます。

当たり前では無い

当社が、他の運送会社や運送店に運送の依頼を出すこともあります。
どんなに詳細な内容で依頼指示を口頭だけでは無く、FAXやメール等の文章も併用して徹底しても、詳細内容まで担当ドライバーに伝えられる事は少ない事が普通だと感じてます。

私は自分自身が苦労してきましたので、当社の配車では出来るだけ細かい指示までドライバーに理解して頂くシステムです。
ドライバーには電話とメールを併用して、聞き違い、勘違い、思い込みが出来るだけ出ないように気を付けて配車指示をさせて頂いております。

それでも、コミュニケーションエラーは出る事もあるとは思いますが、それは人間だもの仕方ないですよね。
なので、出来るだけこの配車指示の部分に気を付けています。

タイトルとURLをコピーしました