仙台市泉区チャーター/株式会社ももちゃん便(元赤帽ももちゃん便)緊急輸送24時間サポート/泉区/明通/黒川郡/仙台全域

受付専用090-4312-7844
仙台市泉区/軽運送/チャーター専用
★6:00〜20:00(緊急24時間)★
  1. ホーム

仙台市泉区の軽運送会社(企業チャーター専門)

軽運送/急送/チャーター便の信用できる業者をお探しなら株式会社ももちゃん便にご相談ください!
チャーターを使う場面は運賃より安心が重要です。「安かろう悪かろう」では意味が無いはず。
当社は1997年から実績ある緊急配送の専門会社(創業時は赤帽ももちゃん便)です。
*スピード/安全/取組姿勢 → クリック

受付専用ダイヤル:090-4312-7844

受付は携帯以外にも
お問い合わせ方法が選べます!クリックで選択ウインドウが開きます。

軽チャーターとは

当社のチャーター輸送は「赤帽チャーター」や「バイク便」等と類似カテゴリーになります。
重要書類、手渡すべき急ぎの荷物など緊急配送、易損品などの取り扱い注意物が対象です。
言い換えれば運賃よりも信用が大事な場面でご利用されているのがチャーター急送です。

実際のチャーター例として

工場製造ライン故障による部品の緊急配送、病院の医療機械故障による修理部品の特配、その他特殊なチャーターとしては、キャスター付き医療機械(超音波診断装置)を安全な時間指定のチャーターなど。
その他には、食品欠品対応、重要書類配送、お薬、デジカメ新製品、金型輸送(200kg以内)、etc。

当社ご利用のメリット

チャーター専門会社である安心感が違います。1997年創業の実績で車両&ドライバーの質に着目します。詳細はこちらをご覧ください。チャーター取組姿勢 →

集荷エリア

仙台/泉区(明通,高森,加茂,八乙女など),仙台/青葉区(吉成,一番町,仙台駅周辺,落合,愛子,栗生など),仙台市周辺(富谷町,北部中核工業団地,大衡工業団地,黒川郡,仙台空港など)仙台近郊が日頃のピックアップエリアです。その他ご相談に応じて金沢から仙台など逆方向も対応可能。

お届け先は全国まで

お届け先は全国津々浦々の実績、北は北海道、南は九州、西は佐渡島までも実績がございます。

品質重視

大企業(沖電気工業株式会社)在籍中に学んだ大規模プロジェクト進捗管理、品質管理などのノウハウを現在の配車業務にも生かしつつ緊急チャーターの品質向上に取り組んでます!

更新情報 etc

ETC2.0って昔から導入している人は再set up必須だった!
当社ではDSRCと呼ばれたETC2.0の先駆けとなる時期からETC2.0を導入しておりますが、そのような以前からの早期導入したETC2.0端末は、なんと再セットアップを行わないとダメだったとは!
  詳細はこちらに書かれてます。
ホンダN-Boxの初回車検が終了
特に問題なしでスムーズに2年目の車検が終了しました。
トータル119000円。各種灯火類の電球交換や下回りの多少グレードの良い防錆塗装などしての結果なので、営業用貨物ナンバーの車検としては私の経験上は非常に安く上がった印象です。それだけホンダの軽乗用車の質が高い。信頼性が高いってことかもしれません。
そして、仕上がりが超うつくしい!
エンジンルームなど隅々までピカピカです。外装はもちろんですけど。
考えてみれば、車検でエンジンルームも点検するのですから汚れがあったら破損や液漏れなど見逃しますからね。超ピカピカにするのは単なる美観だけではなく本来は必要な作業なのかもしれませんね。
相変わらずホンダの東勝山店は素晴らしい。
昨日に引き続き昔のビデオCDを整理していたら仙台放送TVスーパーニュースに当時の赤帽ももちゃん便が密着取材をして頂いたTV動画が残ってました。当社が赤帽だった当時の貴重な動画です。何台もの赤帽車を買い替えて来た歴代の赤帽車の中でも一番懐かしい赤帽専用サンバーでした。
今ではサービス外となる引越事業のテレビ取材ですが取材の趣旨は当社の独自性だったので今も通じる内容です。 NEW
昔のビデオCDを断捨離中に東北放送テレビの週間パパラビゾーレに密着取材をして頂いた赤帽当時のTV動画入りCDがありました。今はサービス外の赤帽引越業務のテレビ取材ですが、取材の趣旨は当社の独自性なので今も通じる何かがあります。 NEW
従来記事はこちらにアーカイブ

良くあるご質問

メルアド変更中です
平成9年創業当時からインターネットを早期に活用スタートした当社です。赤帽ももちゃん便だった当時から長年のお客様に馴染んだメールアドレスがございます。それが赤帽の文字を取り入れたstart@momochan.jpです。
現在もお客様には浸透しており株式会社ももちゃん便となってからも変更を保留してきました。
友人相手ならばメルアド変更通知を一斉配信で終わりですが、忙しい企業のご担当者様にそれをお願いする時点で気がひけるのですが、それよりも困るのが近年のセキュリティー対策である程度の規模の企業になるとセキュリティー管理する部門で登録メールアドレス以外は拒否する設定になってきたことです。
こうなるとメルアド変更は担当者様がokでも、担当者様から本社のセキュリティー管理部門に再度依頼を出してと言う手間暇になりますので。
現在は新規顧客になって頂く企業様から徐々にメールアドレスを変更してお伝えしております。ホームページのメルアドは実は既存顧客様がアドレス帳代わりに使っているケースもあって、変更が難しいのですがテスト的に変更をスタートしてみたいと思います。従来start@momochan.jpからstart@momochan.jpにしてみたいと思ってます。 。
赤帽さんと違うのですか?
お客様が「赤帽」と言われた意図が、「チャーター屋(赤帽)さんですか?」「軽貨物屋(赤帽)さんですか?」との意図でしょうか?
「赤帽」と言うのは単に1つの代表的組合組織ですが、軽運送と言うカテゴリーそのものと混同されて言葉としてご使用されるお客様が非常に多いようです。
そのような意図で「赤帽さんでしょうか?」とご質問の場合は、お客様の意図を汲み取ってお返事差し上げれば「YES」とも言えます。
当社は開業当時は赤帽だった元赤帽で、同様に軽運送業者ですから。
でも赤帽組合フランチャイズ組織に現在も所属しているのでしょうか?今でも赤帽ももちゃん便でしょうか?
とのご質問であれば答えは「No」となります。当社は1997年の開業当時は赤帽ももちゃん便が屋号で赤帽フランチャイズ配下の赤帽組合員として営業しておりましたが、おかげさまで円満卒業して現在では独立した法人として運送会社を営んでおりますので、正式回答は赤帽ももちゃん便では無く、(株)ももちゃん便になります。
赤帽ももちゃん便と(株)ももちゃん便は違う会社ですか?
当社は1997年開業時、元々は赤帽ももちゃん便でした。なのでそのご質問の赤帽ももちゃん便が現在では当社となります。
その当時は良くテレビ出演やラジオ出演、全国雑誌などにご紹介されていたので、それらをご覧頂いたのでしょうか?
あるいは、赤帽ももちゃん便時代に当社をご利用頂いたことがあったのでしょうか?
当社を思い出して頂いてありがとうございます。
営業内容としては、赤帽ももちゃん便だった当時も(株)ももちゃん便も大きな違いはありませんが、赤帽当時との唯一大きな違いは、法人様チャーター便専門になってます。
赤帽フランチャイズは卒業で当時HPやパンフレットで利用していた「赤帽」「あかぼう」「akabou」などを付与した屋号の表記(赤帽ももちゃん便)は削除しております。

会社情報

株式会社ももちゃん便
(元赤帽ももちゃん便)
創業1997年
宮城県仙台市泉区南中山3-4-17
代表取締役:桃井辰彦
配車:090-4312-7844
代表: 022-376-9661
メール📩start@momochan.jp
旧akabou@momo-express.com
FAX: spam非公開

伊勢崎営業所 赤帽小久保運送

当社イメージキャラ

あかぼう時代から成長しているキャラクターです開業直後から何回か脱皮して成長したオリジナルキャラの「ももん」です。

↑ PAGE TOP